(5:54AM JST)日本時間 02/19 11:01 PM から、AP-NORTHEAST-1 リージョンのうちの1つのアベイラビリティーゾーンの一部の区画で室温の上昇を確認いたしました。日本時間 02/19 11:03 PM から、室温が上昇した結果として、一部の EC2インスタンスが影響を受け、一部のEBSボリュームではパフォーマンスが低下しました。根本的な原因は、影響を受けたアベイラビリティーゾーンのセクション内の冷却システムへの電力の喪失であり、すでに回復済みです。日本時間 02/20 03:30 AM までに、電力は冷却システム内のほとんどのユニットで復旧し、室温は通常のレベルに戻りました。日本時間 02/20 04:00 AM までに、EC2 インスタンスと EBS ボリュームの回復が始まり、日本時間 02/20 05:30 AM 時点で、影響を受けた EC2 インスタンスと EBS ボリュームの大部分は通常通り動作しております。一部のインスタンスとボリュームは、イベントによって影響を受けたハードウェア上でホストされていました。引き続き影響を受けたすべてのインスタンスとボリュームの復旧に取り組み、Personal Health Dashboard を通じて、現在も影響を受けているお客様に対し通知を行います。即時の復旧が必要な場合は、影響を受けているインスタンスまたはボリュームを置き換えていただくことをお勧めします。| Starting at 6:01 AM PST, we experienced an increase in ambient temperatures within a section of a single Availability Zone within the AP-NORTHEAST-1 Region. Starting at 6:03 AM PST, some EC2 instances were impaired and some EBS volumes experienced degraded performance as a result of the increase in temperature. The root cause was a loss of power to the cooling system within a section of the affected Availability Zone, which engineers worked to restore. By 10:30 AM PST, power had been restored to the majority of the units within the cooling system and temperatures were returning to normal levels. By 11:00 AM PST, EC2 instances and EBS volumes had begun to recover and by 12:30 PM PST, the vast majority of affected EC2 instances and EBS volumes were operating normally. A small number of remaining instances and volumes are hosted on hardware which was adversely affected by the event. We continue to work to recover all affected instances and volumes and have opened notifications for the remaining impacted customers via the Personal Health Dashboard. For immediate recovery, we recommend replacing any remaining affected instances or volumes, if possible.